とまちるのにこにこぶろぐ

好きなものと日常をだらだら書くブログ

「おかえり」問題

こんばんは。

 

 

いや、今日めっっっっっっちゃ寒くない??!てか風つっっっっっっよ。風のせいで体感温度めちゃくちゃ下がってるんですけど。お願いだから雨と風と雪は都合のいい時だけ降ってくれ。頼む。とにかくくっっっっそ寒い。

 

的なことを考えながら最寄駅に1番近い駐輪場に停めてあるチャリを取りに行ったのですが、ちょうど駐輪場の管理してるおじさんが、自転車整備してて。心の中でお疲れ様ですと言いつつ自分のチャリ探してたら、おじさんが私に、「おかえりー」って言ってくれたんですよ。そこでふと思いました。

 

(駐輪場のおじさんなり近所の人なり、すごい親しいわけじゃないけど顔馴染みな目上の人におかえりって言われたらなんて返せばいいんだ…?)

 

「いやいやいや、普通にただいまじゃん。バカかこいつは。」ってみんな思ったと思う。そんなこと分かりきってるんだよ。おかえりって言われたらただいまって返せばいいことぐらい。

 

何がモヤモヤしてるかって私の中で「ただいま」って敬語の意識がないんですよ。

 

友達とか身内におかえりって言われれば、ただいまって返せるけど『駐輪場のおじさんなり近所の人なり、すごい親しいわけじゃないけど顔馴染みな目上の人』って普通に話すときも敬語使うべきじゃないですか。なんとなく、〜〜です〜〜ますってついてないと敬語じゃない雰囲気出てません?ただいまって、最後「ま」じゃないですか。なんか軽いじゃないですか。そこが気にくわない。

 

じゃあ、「ただいまです」って言えばいいかと言われたらなんか違う。こっちがしっくりこない。かといって「ありがとうございます」は、おかえりの返答としては適さないし…………日本語わからねぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜

 

そんなことが一瞬で頭を駆け巡り、結局私は「ただいま」でも「ただいまです」でも「ありがとうございます」でもなく、もう一回それ言えって言われても再現できないレベルの言語化できない謎の擬音を発し、駐輪場を出た。

 

全部風のせいだ。では。